債務整理や過払い金請求・相続の無料相談は札幌市の坂東法務事務所

無料相談・お問い合わせ

フリーダイヤル

新着情報

台湾在住の中華民国の方が買主の渉外登記をしました。

今回初めて台湾在住の中華民国の方が買主の不動産登記をしました。
(以下日本における一般的な「台湾」の国名表記を使用します。)
なにせ初めてのことなので「住所証明書」をどうするか悩みました。
調べたところ台湾には日本と同じく印鑑証明制度と戸籍制度があることがわかり、
最初印鑑証明を住所証明書にしようとしましたが仲介の方のアドバイスで台湾の戸籍には現住所も記載されることがわかり
(日本の戸籍附票と一体化)戸籍謄本を取得してもらうことにしました。
ただ問題はこれからで、台湾と日本に正式な国交がないためか、
法務局に提出する際は戸籍謄本に「証明書であることの証明」が必要であることがわかりました。
具体的には、

  1. 台湾での民間公証人の認証
  2. 中華民国外交部での再認証(以上台湾での手続き)
  3. 台北駐日経済文化代表処での再々認証(日本での手続き)

 

以上のように戸籍謄本のほかに三段階の認証が必要でした。

 

こちらをクリックすると認証分が見れます→認証文

 

いざ法務局に提出したところ登記官から詳しい説明を求められ,「勉強になりました」と賞められました。
登記官から賞められたのは初めてです。
いつ完了するか待っていたところ登記官より「国名が入っていない」と電話があり
中華民国か台湾か調べたところ頭書の理由で「台湾」で登記されることがわかり、無事完了しました。(ホッ)

 

ちなみに私は台湾が大好きです。(日台交流協会にも所属しています)
先の大震災の時も最も多額の善意を寄せてくれたのは台湾です。
当時のニュース内容です。
世界一の親日国台湾の皆様ありがとうございました。
日台友好万歳!