債務整理や過払い金請求・相続の無料相談は札幌市の坂東法務事務所

無料相談・お問い合わせ

フリーダイヤル

新着情報

続・レイクによる第三者弁済の主張に対する反論

以前のニュースで、新生フィナンシャル(レイク)に過払い請求をしたところ、最後に一括弁済したのは請求人の夫であり、第三者の原資による弁済であるから請求人には過払は発生していないとの主張に対する反論をアップしましたが、その後の粘り強い交渉により、若干和解率は落ちたものの7割の返還で依頼人も納得のうえ訴外和解しました。

 

当事務所は、争点がある場合(特に分断時効等)何が何でも訴訟に持ち込むことなく、依頼人が納得してくれる場合は訴外和解して早期返還を目指しています。