債務整理や過払い金請求・相続の無料相談は札幌市の坂東法務事務所

無料相談・お問い合わせ

フリーダイヤル

新着情報

過払の可能性~業者の対応から読みとる

現在借入残があって、支払いが遅れても督促されない方、もしくは債権者から債権放棄する(もう払わなくても良い)から、債権債務なしの0和解を提案されている方は過払の可能性が大です。安易に和解してしまうと争点となり(過払いは発生していないとの主張)結果訴訟で長びき、事案によっては敗訴の可能性もあります。
当事務所に相談されるか、取引履歴を取り寄せて送っていただければ無料で引き直し計算をします。
なお、貸金業者が,信義則上,取引履歴の開示義務を負っていることは,最高裁平成17年7月19日判決の認めるところであり,金融庁事務ガイドラインも貸金業の登録業者が取引履歴の開示を拒むことを不正,不当な手段として禁止しておりますので、取引の開示請求で不利になることは一切ありません。
ちなみに先日200万円の残がある方が、退職金で一括返済しようと思っているという相談を受けましたが結果的に600万の過払が判明して、老後の楽しみができたと喜んでおられました。
\(^ ^)/