債務整理や過払い金請求・相続の無料相談は札幌市の坂東法務事務所

無料相談・お問い合わせ

フリーダイヤル

新着情報

個人再生の一風景~住宅ローンがある場合~

今回は、不動産を所有している方が個人再生をする場合について紹介させて頂きます。

 

不動産を所有している方が、債務整理手続きを希望して来所された場合、当事務所では

依頼人に対して「住宅ローンの延滞はありますか?」と尋ねています。

その理由は、延滞状況によって個人再生手続きの対応方法が変わるためです。

 

1 住宅ローンの延滞がない場合

「住宅ローンは支払っているが、他社(貸金業者、信販会社)の支払いが厳しい。」という相談が多くあります。住宅ローンは約定通り支払っていきたいという希望であれば、同内容の住宅資金特別条項を定め、貸金業者、信販会社からの借り入れ分のみ圧縮され、住宅ローンは従前の通り支払うことができます。

 

2 住宅ローンの延滞があり、個人再生申し立て時までに延滞の解消ができる

「住宅ローンを2~3か月分延滞している、それでも住宅は維持したい」という相談もあります。その場合は、各債権者の返済が停止している期間に延滞を解消して1の手続きを選択するか、3の手続きを選択しリスケジュール(以下リスケ)を行います。

 

3 住宅ローンの延滞があり、延滞の解消が困難

延滞解消が困難な場合、住宅ロ-ンの債権者へ連絡してリスケを依頼します。リスケによって、返済期間を年齢制限いっぱいまで延長し、月々の返済金額が減り、延滞部分は残債務に組み込まれて返済を再開することができます。再生手続きの中で行う場合には、リスケ内容をふまえた住宅資金特別条項を定め、リスケ資料を裁判所へ提出します。

 

4 住宅ローンの延滞が6か月に及び、保証会社から代位弁済されてしまった

「延滞が続き、保証会社が代位弁済した」というご相談が稀にあります。このまま放置すると、不動産の競売手続が行われてしまうので、早々(代位弁済後6か月以内)に個人再生を申立します。その際、住宅資金特別条項を定め、同内容が認可されれば、保証債務の履行がなかった(巻き戻し)ものとみなされます。それによって、住宅ローンの債権者が保証会社から元の債権者へ戻り、住宅ローンの返済を再開することができます。

 

当事務所では、上記のような個人再生手続も支援させて頂いております。ご自宅を守るために個人再生手続きを選択したいという方は、ぜひ当事務所へご相談ください。