債務整理や過払い金請求・相続の無料相談は札幌市の坂東法務事務所

無料相談・お問い合わせ

フリーダイヤル

新着情報

1回払いとリボ払い

キャッシングの返済方法というと、通常の場合はリボ払いが多いです。

 

リボ払いというのは、決められた限度額の範囲内で借入れと返済を繰り返すのですが、返済方法はおよそ1ヶ月ごとで、借入金額によって最低返済額が定められています。

 

これに対して、1回払いというのは翌月に金利を含めて元本も一括で返済してしまうものです。

 

1回払いはカード会社のキャッシングで時折見受けられます。

 

ところで、過払い金請求の場合では、返済方法がリボ払いか一括払いかで、貸金業者の主張が異なります。

 

どういうことかといいますと、リボ払いでは利息制限法で引き直し計算をする際は当然のように一連計算をしますが、貸金業者の中には特に三菱UFJニコス、オリエントコーポレーションは1回払いは各貸付けごとに個別の取引であると主張してきます。

 

また、10年前に発生した過払い金についてはすでに時効が成立すると主張してきます。

 

これは、過払い金の時効が取引が終了した時から10年とされているからです。

 

これに対し、1回払いでも一連計算できるという考えだと、消滅時効の起算点が取引が終了した時からとなりますので、1回払いの取引が継続している限りは、過払い金の消滅時効は進行しないことになります。最高裁判決はこちら

 

このように単に1回払いであるよう場合は、それだけで個別取引の計算が認められる可能性は極めて低いと思ってよいと思います。

 

最近はクレディセゾンも1回払いであることのみを根拠に個別計算の主張をしてきました。

 

すでに述べたとおり、オリコやニコス、セゾンで1回払いを利用していた方は、個別計算の主張をされる可能性はありますが、それが認められる可能性は低いと思われます。

 

今回は従来ほとんど過払の発生することがなかったJCBが120万の請求に対して20数万の提案をしてきましたので訴訟に踏み切りました。

 

結果は後日。