債務整理や過払い金請求・相続の無料相談は札幌市の坂東法務事務所

無料相談・お問い合わせ

フリーダイヤル

新着情報

強制執行停止決定、強制執行取消決定

先日、強制執行停止決定強制執行取消決定の本人訴訟支援で決定を得ました。

依頼者は債権者に言われるまま、金銭消費貸借の債務承認の公正証書作成に押印してしまい、当方に相談しに来たときは実は過払であった事案であり、支払いを止めたところ預金を差し押えられた、さあどうしたらという事案でした。強制執行は強い力を持っている分人に対して、あまり好ましくない結果となってしまう場合もあります。その時は不服の申し立てなどの方法もありますが、他の方法として強制執行の取り消し、停止が存在します。民事的な強制執行において迅速性と即効性は強く求められていきます。そのため一度強制執行に関しての裁判などが始まってしまった場合、すばやく終わらせるのが大きな意味をもってきています。ただ、どのようなことがあっても、いきなり強制執行の内容が決まることはなく、時間はある程度必要になります。そのような時に何かしらの不正があることもあります。その不正などの影響で、債務者の立場が危ういものとなってしまったり、権利が不当に侵害されることがあったときはその強制執行に対して停止と、取り消しをしていくことができるとしています。債務者の立場を守るために存在しているものです。

 

強制執行の停止とは、執行機関が将来に向かって強制執行を開始したり続行することを止める措置です。安易に執行を止めることは許すべきではありませんが、全く執行停止ができないというのでは、後に判決の取消などを得た債務者の保護に欠けるため、暫定的にいったん認められた執行力を奪う制度です。ただし停止決定が出ただけでは第三債務者(銀行など)は債権者、債務者(依頼人)に支払ってはならない、という現状が固定されるだけなので依頼者(法人)の信用にも関わることなので、今回は既にした執行処分を取り消す処分である執行処分の取消しも申立てました。結果、預金の凍結は解除され銀行取引も再開することができました。ただし、この決定は金○○円を供託せよという前提であり、この供託金を取り戻すためには同時に申立てた請求異議の訴訟に勝訴する必要があります。公正証書は、強い立場にある債権者の恣意的に作成され、判決と同様の執行力を持ってしまう諸刃の剣的な側面もあります。このような案件は手続きが錯綜し法的素養・経験が必要になり、けっこうたいへんです。豊富な経験のある当事務所にぜひ相談してください。

 

なお、本件に関しての請求異議訴訟において攻撃防御方法につき、本人訴訟では遂行困難な事案であっため、弁護士の先生が代理人となりました。