債務整理や過払い金請求・相続の無料相談は札幌市の坂東法務事務所

無料相談・お問い合わせ

フリーダイヤル

新着情報

最近少額訴訟が増えています

最近当事務所では少額訴訟の依頼が増えています。

では

(1)少額訴訟とは?

そもそも少額訴訟とはどのようなものでしょうか?
少額と付いていても「訴訟」という言葉からすると敷居が高くて面倒な手続きだとイメージされる方が多いのではないでしょうか?

少額訴訟とは、まさにそのような面倒な手続きを省いて60万円以下の請求に限って裁判所を利用することを可能にする制度で、通常の裁判より簡単に、かつすぐに終わります。

例えば、
•あの人が貸したお金を約束の期限に返さない
•あの会社が契約により決まった月額20万円の広告費を返さない

という場合に有効な制度です。

少額訴訟という制度が設けられた趣旨は、少額の債権を回収する場合、通常の裁判では時間も費用もかかってしまい費用対効果が合わないことから、少額のお金の回収に限り、簡単で費用をおさえつつかつすぐにお金を回収することを可能にする点にあります。
(2)こんな場合に少額訴訟を利用しましょう!

次に少額訴訟を利用したらいいケースについて書いていきます。 基本的な前提としては、
•請求金額が60万円以下
•支払い期限を過ぎたために書面やメールを送っているのに支払ってくれない

という状況であることです。 また、具体的なケースとしては以下の通りです。
1.業務委託契約をしたのに業務委託料を支払ってくれない場合
2.広告掲載契約をしたのに広告費を支払ってくれない場合
3.お金を貸したのに返してくれない場合
4.商品を販売したのに代金を支払ってくれない場合
5.敷金を返してくれない場合
6.勤務しているのに会社が給料を支払ってくれない場合
7.交通事故に遭った場合に物損について損害を賠償してくれない場合

など。

2、少額訴訟のメリットは?

少額訴訟のメリットは大きくは以下の3つがあります。

(1)司法書士・弁護士に依頼する必要がないほど手続きが簡単

「訴訟」というとどうしても手続きが面倒に感じられるでしょう。
しかし、少額訴訟は法律知識がなくても訴状などを簡単に作成できます。

また、簡易裁判所では裁判官や書記官が進め方をアドバイスしてくれるので、迷わずに手続きを進めることができます。

(2)費用が安い

裁判をするというとどうしてもたくさん費用がかかるイメージがあるでしょう。
しかし、少額訴訟は費用が安いのが特徴です。まず、弁護士に依頼する必要がないので弁護士費用がかかりません。

また、仮に強制執行(差し押さえ)したとしても、1〜2万円程度しかかかりません。
費用について詳しくは「4、少額訴訟にかかる費用は?」をご参照下さい。

(3)時間がかからない

裁判というと、どうしても長いイメージがあるでしょう。
しかし、訴訟を裁判所に提出する申立てから審理をして判決が出るまで2ヶ月ほどと比較的短期です。

また、原則として審理は1回でその日のうちに判決が下されるので、何度も裁判所に足を運ぶ必要はありません。