任意整理

裁判所を介さずに
分割返済の和解をします

任意整理とは

司法書士が代理人となることによって貸金業者からの取り立てを止めた後、代理人が業者と直接交渉し
て借金の支払方法を決定し、和解によって解決を図る手続きです。支払額は場合によって様々ですが、
3年から多くて5年ほどでの返済を目途とし、法律に基づいた金額を無利息で支払っていきます。

利息制限法で定められている利率
元本が10万円未満の場合 年2割(20%)
元本が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分(18%)
元本が100万円以上の場合 年1割5分(15%)

任意整理の質問と回答

  • Q1.任意整理のデメリットについて教えて
    A1.

    和解が成立しなかったり、任意整理後一定期間借り入れができなくなるなどのデメリットがあるよ。
    任意整理以外にも借金問題を解決する方法はいろんな方法があるよ。だけど、どんな方法にもメリット・デメリットがあるから1人で悩まず、まずは坂東法務事務所に相談してね。

  • Q2.任意整理の信用情報について教えて
    A2.

    任意整理は,裁判所を通す手続ではないけれど、債務整理の一手続であることには変わりないから,任意整理をした場合にも信用情報機関に延滞情報や任意整理の事実が登録されることは覚えておこう。

  • Q3.任意整理の和解までの期間について教えて
    A3.

    和解までの期間は、債権者の対応にもよって若干の誤差が生じるんだ。だけど一般的に言われているのは2~3か月くらいで和解に至るケースが多いみたいだね。

  • Q4.住宅ローンを任意整理することはできるの?
    A4.

    住宅ローンの金利がもともと低いから、債務整理は難しいんだ。また、住宅ローンを任意整理しようとすると、金融機関が担保権を実行する恐れがあるから、住宅を残しての債務整理は難しいね。
    だけど金融機関によっては、返済額や返済期間の見直しをしてくれる場合もあるんだ。
    その場合は、個人民事再生の住宅ローン特則を検討してもいいかもしれないね。

任意整理の和解成立までの流れ

  • 1まずは相談
    電話、又はメールでのお問い合わせの後、司法書士が依頼者と直接面談致します。
  • 2受任通知発送
    司法書士が介入したことを相手に知らせます。
  • 3債務調査
    貸金業者から送られてくる書類をもとに、依頼者の債務総額を法律に基づいて算出します。
  • 4方針確定
    調査によって割り出した情報を基に、依頼者の生活・家計に応じて返済の方針を決めます。
  • 5和解業務
    法定金利に基づいた債務と返済方針を基に、実際の分割払い額・回数を決めて返済を開始します。