相続放棄について

一定の条件で3ヶ月を過ぎても
相続放棄をすることができます。 ※条件についてはお問い合わせください

相続放棄について

期限について

相続放棄の期限、期間については「3ヶ月」以内にしなければならないと定められています。
しかし、この「3ヶ月」がいつからはじまり、どこが3ヶ月の終わりなのかが問題です。

 

相続放棄の3ヶ月の始まりは、「いつ」なのか

相続放棄は「相続権があることを知った」ときから3ヶ月以内にしなければならない。
しかし、「死亡した」ときから3ヶ月以内に相続放棄をしなければならないと、相続放棄を勘違いされる方がいます。
でもこれは、厳密には間違いです。
たとえばあなた自身が、誰かの死亡そのものを知らない。この場合は、自分に相続権があることはわかりません。ですから、3ヶ月以内の期限のカウントは始まりません。

 

事実を知らなかった場合は、相続放棄できる

ただし、次のような例外はあります。

Aさんが死亡したことは知っていた。
しかし、Aさんの子供が相続放棄をしたことは知らなかった。
だから、自分に相続権がまわってきたことを知らなかった。

これは、認められています。
この場合、自分に相続権がまわってきたことを知ってから3ヶ月以内に相続放棄をすればよいことになります。つまり、誰かが死亡した、誰かが相続放棄をしたなどという「事実」を知らなかった。だから、自分に相続権があることを知らなかった。これなら、「事実」を知った時より3ヶ月以内に相続放棄すればよいのです。また、死亡したときから半年後に突然貸金業者から督促状が来た。確かに3ヶ月は過ぎていますが「事実」を知ったのは半年後ですから、ここから3ヶ月以内にに申し立てすれば良いわけです。

 

過払いの場合もある

借金の期間によっては過払いでお金が戻ってくる場合があります。
相続人からの過払い請求もできますから簡単に相続放棄をする前にぜひ当事務所までご相談ください。

次のような方は、相続放棄について当事務所へご相談を推奨しています。

  • お亡くなりになった方に借金がある方
  • 自分のほかに相続放棄を検討している相続人が複数いる方
  • 3ヶ月の相続放棄申述期間を過ぎてしまった方
  • 入院給付金、未払いの治療費、未払いの賃料等、お亡くなりになった方にまつわるお金についてお受け取りやお支払いを控えている方
  • 申立てだけでなく、照会書の書き方、債権者への対処法、相続放棄に影響を及ぼす危険な行動への助言まで相続放棄にまつわる様々な問題をトータルでサポートしてほしい方

相続放棄の注意点

相続放棄は大きく分けて申立て前と申立て後で注意する点が異なってきます。

申立前の注意点
・3ヶ月の期間を厳守すること
・一定の行動をとると相続をしたとみなされ、最悪の場合、相続放棄ができなくなる恐れがありますので、相続放棄をお考えの場合は速やかにご相談下さい

申立後の注意点
・裁判所からの照会書の書き方
・債権者や自治体への対応
・次順位相続人への説明等
・相続放棄後も一定の行動が相続放棄に影響を与える場合があります

専門家のサポートのもと正しい判断に基づいて安全な相続放棄を行いましょう。

 

相続放棄の費用

3ヶ月の熟慮期間経過前の相続放棄

お1人のみ放棄される場合

報酬(税別)
相談料 無料
相続放棄申述書 30,000円
戸籍収集 1,000円 /1件

お2人以上が放棄される場合

報酬(税別)
相談料 無料
相続放棄申述書 お一人につき20,000円
戸籍収集 1,000円 /1件

3か月の熟慮期間経過後の相続放棄

お1人のみ放棄される場合

報酬(税別)
相談料 無料
相続放棄申述書 40,000円
戸籍収集 1,000円 /1件

お2人以上が放棄される場合

報酬(税別)
相談料 無料
相続放棄申述書 お一人につき30,000円
戸籍収集 1,000円 /1件