5年以上返済していない方へ

ご存じですか?
借金にも時効があります。

消滅時効について

借金にも時効があり、時効が成立すると金額に関係なく払わなくてもよくなります。
通常の金融業者なら5年、営利目的としない個人や信用金庫は10年支払いしていない事実が必要です。時効だから返済しないという意思を借主に伝える必要があります。

通常の金融業者 支払いしていない期間:5年
個人や信用金庫 支払いしていない期間:10年

※期間が過ぎても返済の意思を示した場合、もしくは1円でも支払った場合、時効が中断してしまいます。
貸金業者は時効が成立していても大幅減額により和解してほしい旨の申入れをしてきたり、場合によっては訴訟を起こしてくる場合があります。くれぐれもご注意をしてください。貸金業者から上記のようなアクションがあった場合、当事務所までご相談ください。

時効援用の注意点

  • 返済日の翌日がスタート日(返済に遅れた次の日から)です。
  • いわゆる夜逃げの場合、裁判所からの通知は届きませんが、裁判所からの通知は届かなくても裁判を起こされていることがあります。
  • 内容照明郵便で返済しない意思を伝えます。
  • 自身の状況がわからない、どこの会社か?いつから返してないか?
    信用情報機関で調査の必要があります。
手続きしてみると過払いになり、過払い金を受け取ったり時効援用で返済しなくてすんだ。という事例は、多数あります。まずはご相談ください。

お問い合わせ事例

  • ・何年も請求がなかったのに急に催告書が届いた

  • ・知らない債権回収者から催告書が届いた

  • ・昔完済した借金に過払い金はあるか

  • ・融資を申し込んだら携帯電話を契約し、送れと言われた

  • ・何年も支払っていないが時効になるか など

 

上記のようなことでお悩みの方、まずはご相談ください。