任意売却

住宅ローン延滞・競売の恐れのある
不動産をご近所に知られることなく
市場価格で売却することができます

任意売却とは

住宅ローンを借りた名義人(以下「債務者」と呼びます)と金融機関(以下「債権者」と呼びます)との双方合意のもと、競売入札が開始される前に債務を整理して、競売の対象となる不動産を任意に売却することです。

任意売却のメリット

  • メリット1

    売却価格の中から仲介手数料、その他費用の交渉を債権者と行います。
    はじめに自己資金で支払う必要はありません!(持ち出し0!)


    概ね下記の支払が対象です。
    ・滞納分管理費(マンション等、管理費の有る場合)上限がある場合があります。
    ・滞納分住民税・固定資産税 (上限がある場合があります)
    ・抵当権抹消費用
    ・後順位の抵当権の解除による手続き代金
    ・不動産業者への仲介手数料

    詳しくはお問い合わせください。

  • メリット2

    特に交渉によっては引越し費用も捻出することが可能です!

  • メリット3

    ご近所には通常の売却と同様、もしくは知られずに引越しすることも可能です。

  • メリット4

    抹消金額不足分は交渉により後日分割にて支払が可能です。
    もしくは当事務所で債務整理の方法によります。

任意整理の和解成立までの流れ

不動産価値がローン残高より少なく、売却できない場合

相談費用 電話相談・面談など、何度でも0円
任意売却成立手数料 ローン残高 3,000万円
不動産売却額 2,500万円→売却代金金融機関へ返済

※この返済額の中から任意売却にかかった法定仲介費用(売買代金3%+6万円)が成功した場合のみ金融機関から手数料として支払われます。



※上記は一例であり、生産可能金額等はケースにより異なります。

任意売却の費用

基本報酬

申し込み費用・持ち出し費用なし
※任意売却で得られた代金の中から配分していただく仕組みになっています