民事再生

民事再生
坂 東:
本日はどのようなご相談ですか?
相談者:
借金のことで相談なのですが・・・
坂 東:
それでは何点か質問させて下さい。
あなたの家族構成と月収、世帯年収を教えて下さい。
相談者:
だいたい収入は以下の通りです。
相談者 年収 600万円 月収 45万円(手取り38万円) ボーナス 60万円(年)
専業主婦
小学生
坂 東:
次に支出を教えて下さい。
相談者:
月によって若干の変動はありますが月の支出にこれくらいはかかっています。
食費 6万円 教育費 2万円 給食費 4000円
水道光熱費 3万円 通信費 1万5000円 保険料 2万円
交通費 2万5000円 被服費 1万円 借金の返済 9万6000円
(住宅ローン以外)
家賃(住宅ローン) 9万円(賞与別) 医療費 1万円
坂 東:
借金の返済が支出項目の中で一番大きいですね。
借入先の返済内訳を教えていただけますか?
相談者:
借金の各社の総額と月の返済額はだいたいこれくらいです。
A社 50万円(総額) 5,000円(月の返済額)
B社 50万円 5,000円
C社 70万円 1万2,000円
D社 60万円 1万円
E社 90万円 2万8,000円
F社 120万円 3万6,000円
坂 東:
合計で約440万円ですね。
差支えがなければ、借金をした理由をお聞かせ下さい。
相談者:
会社の業績が悪化し、賞与の支給が一時的になくなりました。
その際に、貸金業者から住宅ローンの賞与返済分として借入しました。
坂 東:
住宅をなんとか維持したかったのですね。現在、住宅ローンの延滞はありますか?
相談者:
できれば住宅を手放すことは避けたいです。現在、住宅ローンの延滞はありません。
坂 東:
ご相談者さんの場合、今後も住宅を維持したい希望があり、収入も安定されておりますので個人再生手続きが最適かと思われます。
相談者:
再生手続きですか・・・、あまり聞いたことがないのですがどういった手続きですか?
坂 東:
裁判所から認可がおりれば、住宅は住宅ローン債権者と協議して維持しつつ、他の借入金を定められた金額に減額し、3年間を目途に返済していくことができます。
相談者さんの場合、住宅ローンは従前通り支払い、他の借入金を100万円まで減額し、3年間で返済していく計画を立てることができるかもしれません。 
相談者:
それであればなんとか支払えるかもしれません。裁判所で認められないこともありますか?
坂 東:
不認可の要件は様々ですが、重要なのは減額後の金額を必ず支払うことができるという履行可能性にありますので、毎月の家計管理が重要になります。
相談者:
手続きの費用はどれくらいになりますか?
坂 東:
こちらの料金表をご覧下さい。
相談者:
わかりました。今お金がないんですが、分割でも良いですか?
坂 東:
もちろん分割でもかまいませんよ。
相談者:
よかった。こちらにご依頼するのに何を用意したら良いですか?
坂 東:
まずは、ご契約に必要となるのは相談者さんのご印鑑です。それと、本人確認の為に身分証明書をコピーさせて下さい。それと本日住民票をお持ちでしたらお預かりします。
ご契約
相談者:
これから何をすれば良いですか?
坂 東:
まず、相談者さんの正確な債務額の調査を行います。債務額のこちらで利息制限法に基いて引き直し計算をするので、債務が圧縮される場合があります。そのときは方針が変わるかもしれませんので、具体的な再生手続きに必要な書類はその後準備して頂くことになります。まずは、今月から相談者さんに世帯分の家計表を毎月作成してもらいます。
相談者:
はい、わかりました。これから宜しくお願いします。
坂 東:
こちらこそ、宜しくお願いします。本日はありがとうございました。